神奈川県横浜市上大岡 医療法人社団 健新会 畠山クリニック | 胃腸科 肛門科 | 大腸内視鏡・大腸カメラ・大腸ポリープ切除

医療法人社団 健新会 畠山クリニック | 各種保険取り扱い

診療案内

主な診療案内

大腸カメラ(大腸内視鏡、下部消化管内視鏡、大腸ファイバー)

電子内視鏡で、直腸・肛門から、大腸を内側から直接粘膜を観察し、ポリープ・腫瘍・癌・炎症・潰瘍などを診断します。同時に、その組織を採取したり、ポリープを切除したりして、悪性かどうか等を調べることがあります。

日帰り検査で、検査そのものにかかる時間は、おおよそ10〜15分です。

  • 鎮痛・鎮静剤を、適宜使って検査しますので、苦痛が少ない検査です。条件により、同時にポリープ切除も可能です。(検査の日は、お車・バイクでの御来院は、避けてください)
  • 大腸全部を観察する場合は、通常、専用の洗浄液等で、腸の中をきれいにしてから、行います。
  • 検査終了後は、30分程度お休みいただきますので、検査の日は、時間に余裕をもって御来院ください。
  • 胃・大腸同日検査も、状況により、可能です。
  • 症状により、軽い浣腸だけで大腸の出口に近い方だけ見る検査(S状結腸カメラ)を、行う場合があります。

↑ページトップに戻る

大腸ポリープ切除(内視鏡下ポリープ切除術、ポリペクトミー、内視鏡下粘膜切除術)

ほとんどの大腸ポリープや、早期癌でも浅いもの(粘膜内癌)であれば、大腸カメラで切除可能です。

大腸カメラで切除しているイラスト

大腸カメラによる日帰り切除を行っております。検査時、同時切除も(諸条件を充たしていれば)可能です。

  • ポリープ切除後は、1〜2週間程度の間、多少の日常生活の制限が必要な場合があります。
  • 抗凝固剤(血液をサラサラにする薬)を服用されている場合は、切除できないことがありますので、お申し出ください。
  • 日帰り切除を原則としておりますが、入院治療が適切と判断された場合は、適格な関連施設・専門医を御紹介申しあげます。

↑ページトップに戻る

胃カメラ(胃内視鏡、上部消化管内視鏡)

電子内視鏡で、食道・胃・十二指腸などを、内側から直接粘膜を観察し、腫瘍・癌・ポリープ・炎症・潰瘍などを診断します。同時に組織検査をして、悪性かどうかやピロリ菌の検査を行う場合があります。

検査そのものにかかる時間は、おおよそ10〜15分です。

  • 鎮痛・鎮静剤を、適宜使って検査しますので、苦痛が少ない検査で、いわゆる「胃カメラを飲む」という感覚は少なく、多くの方は、横になって眠っているうちに終了、というイメージです。(検査の日は、お車・バイクでの御来院は、避けてください)。
  • 胃カメラは、通常、胃の中を空にして行いますので、検査前の食事制限があります(たとえば、午前検査の場合は、当日朝食抜きで行います)。
  • 検査終了後は、30分程度お休みいただきますので、検査の日は、時間に余裕をもって御来院ください。
  • 胃・大腸同日検査も、状況により、可能です。

↑ページトップに戻る

肛門科:おしり(痔)の診察・治療

当院は、胃腸科肛門科で、開院以来、当院での胃腸科・肛門科の受診比率は約半々です。初診時の問診表は、胃腸科と同一の用紙で、待合室周囲の方にも、何科に受診されるか知られることなく、診察が可能です。

肛門の診察イラスト

肛門の診察は、通常、右下横向きで横になっていただいて、おこないます。ご希望により、痔核の状態を画像で見ることも可能です。  できるだけ「切らずに」治していきます。処置が必要な場合は、ご相談のうえ決定していきます。

  • 手術が必要なときは、日帰り手術を原則とし、できるだけ苦痛の少ない方法で行いますが、数日から数週間程度、日常生活に多少制限が必要となる場合があります。また、入院治療が望ましいと判断された場合には、適格な施設・専門医を御紹介申し上げます。

↑ページトップに戻る

診療科目

胃腸内科、肛門外科、内視鏡内科

休診日

日曜、祝日

外来診療担当表

こちらをご覧ください。

診療時間

診療時間表

〒233-0002 神奈川県横浜市港南区 上大岡西1-16-19 上大岡エントランスビル2F
TEL: 045-848-2525
FAX: 045-848-2524