医療法人社団 健新会

畠山クリニック

胃腸内科、肛門外科、内視鏡内科

病気の説明

病気の説明

便潜血検査について

ここでは、皆様より、よく御質問のある便潜血検査について、なるべくわかりやすくお話いたします。

便潜血陽性とは、便の中に血液(目に見えないものも含めて)が、混ざっているかどうかを見る検査です。腸と肛門が全く正常であれば、血液は混ざらないはずです。ところが、大腸癌やその前段階であるポリープが大きくなった場合、その表面は脆くなっている場合があり、腸の中で患部があたったときに癌やポリープの表面がくずれて出血する場合があります。この検査は、そのときの血液が便の中に混ざったものを検出する検査です。

便潜血の成因

便潜血の成因(大腸壁内)

この検査は、便を提出するだけでできる検査である一方、癌やポリープの表面が硬かったり、小さかったりした場合、表面がくずれず、癌やポリープがあるのに便潜血陰性となってしまう場合があります。したがって、便潜血陰性だからといって、癌がないとはいえないわけです。 

また、切れ痔や内痔核といった肛門の病気による出血や大腸の炎症でも陽性に出てしまうことがありますので、便潜血陽性だからといって、必ず癌があるともいえないわけです。しかしながら、大腸癌と痔が、ともに認められる場合もあり、痔の症状があるからといって、大腸に癌がないともいえないわけです。

従って、便潜血検査だけでなく、さらに精度の高い大腸内視鏡検査などが推奨されてくるわけです。